河川を守る

 伊勢湾の環境を守るためには、河川環境を保全することが必要です。環境情報学部は四日市周辺の河川水質を詳しく調べています。

 2018年9月に名古屋市の庄内川と新川の河口に大量のペットボトルが漂着しました。河口部には広大なヨシ原があり、この中に入り込んでいたボトルが、9月の台風による高潮で浮き上がり、さらに台風による強風に運ばれて、川岸に漂着したと考えられます。

 このボトルを分析したところ、飲用ペットボトルが販売開始された1996年頃からのボトルが大量に含まれていることが分かりました。漂着ボトルの本数と販売年代分布が判明したので、これを手掛かりに陸から川へのボトルの流出機構の研究を進めています。

庄内川河口遡上ツアー