答志島・奈佐の浜とは?

 伊勢湾北部に流入したゴミは南下し、太平洋に向かいますが、地球の自転の影響で、三重県沿岸を流れる傾向にあります。答志島は伊勢湾の入り口の三重県側にあるため、ゴミが流れつきやすく、秋から春は北西からの季節風が強まるため、答志島北部の奈佐の浜に多量のゴミが集まります。これまでの三重県の調査でも、奈佐の浜の漂着ゴミの量は圧倒的に多いことが分かっています。

 環境情報学部は、奈佐の浜の漂着ゴミの調査を行うとともに、「22世紀奈佐の浜プロジェクト」に協力して、毎年の海岸清掃活動に参加しています。また、最近は「桃取元気プロジェクト」と呼ばれる島の活性化活動に協力し、学生の漁業体験や合宿なども行っています。



 

桃取元気プロジェクトに四日市大学生が参加