大学ニュース

経済学部現代経済コースの紹介

経済学部
今回は経済学部の現代経済コースについて、コース代表の李修二先生にインタビューしました。

Q:まず先生のことから聞かせて下さい。ご専門は何ですか? また、担当科目は何ですか?

李:専門は西洋経済学史です。担当科目は経済原論、西洋経済史、社会保障論やゼミです。李ゼミのテーマは「社会で役立つ経済学を学ぶ」です。たとえば、これからの少子高齢化社会でいちばん必要になってくるビジネスや仕事はいったい何かを検討します。また、そうした観点から、経済学を学びます。

Q:先生は現代経済コースの先生ですが、このコースの目的や概要や特徴を教えて下さい。

李:現代経済コースでは、経済学とコンピュータを学びます。経済学については、理論だけではなく、例えば、歴史にかかわって学んだり、ニュースでよく耳にする経済問題について学んだり、あなたの関心に応じて受講科目を選びます。コンピュータはスキルも大切ですが、それ以上にコミュニケーションの手段として学ぶことが大切です。ですから、FacebookやTwitter、Lineを利用する授業もあります。

Q:取得できる資格などはありますか?

李:コンピュータに関わる資格では、どのような職業に就いても必要とされるワープロや表計算の資格であるMOSやシスアド資格の取得をサポートしています。福祉系の資格では社会福祉主事任用資格を取得することができます。

Q:経済学部を受けてみようかなと思っている受験生に何かアドヴァイスをお願いします。

李:現代経済を理解し、コンピュータやインターネットを駆使してビジネスの世界でバリバリ活躍しようと考えているみなさん、現代経済コースはあなたの夢の第一歩です。

ありがとうございました。