大学ニュース

四日市みやげ『四日市彩(irodori)サブレ』松井ゼミ考案 3月1日発売

総合政策学部
本学総合政策学部松井真理子教授のゼミ生12人が企画した、四日市市の名物を紹介するサブレを3月1日から販売します。商品名は「四日市彩(irodori)サブレ」で、大判クッキー一枚ずつにトンテキや工場夜景など8種の絵があしらわれています。製造は市内の障害者就労支援施設が担い、協働で地域の魅力を手土産にしました。ゼミ生は、市民活動の活性化を学ぶ中、産業都市でビジネス客が多いが、地域の特性が分かる土産がないことに注目。昨年1月から開発に向けて動き始め、名物がデザインしやすいサブレを選びました。

リンク
2月8日 中日新聞記事
伊勢おやき本舗 facebook