サンプル画像
“ 地域づくりの中心的な役割を担う「公務員」になって地域に貢献したい。”そんな学生の夢をかなえるカリキュラムが充実しているのが地域・まちづくり分野です。
公務員試験合格を目指す「公務員養成プログラム」の開講をはじめ、問題発見・解決力が身に付くカリキュラムが充実しています。これらの学びで培われる「地域貢献」意識は、公務員はもちろん、一般企業のリーダーに求められる資質の習得につながります。

見出し

地域・まちづくり分野 専門教育科目ピックアップ

行政学

公立学校、ゴミの収集・処理、上下水道、消防・救急など、暮らしのさまざまな場面で遭遇する行政について、組織や制度とその活動について学びます。

都市政策

人口の都市集中が際立った20世紀の「都市の時代」を経て、今世紀の「都市」はどうなっていくのか。都市の歴史と解決すべき問題について学びます。

地方議会論

議会や議員についての基礎的な知識と、四日市市議会で議案への事前意見募集や議会報告会などに参加し、議会改革最前線の動きを学びます。

NPO論

市民が自発的・組織的に公益活動を行う、新しい公共サービスの担い手「NPO」の基礎知識と意義、実際の立ち上げ方、運営まで幅広く学びます。

総合政策論

教員がオムニバス形式で「総合政策論」について語り、さまざまな角度から「社会の基本的なしくみ」「基本的なものの考え方」について学びます。

鉄道とまちづくり

自動車社会の中で、超高齢社会における公共交通体系はどうあるべきか、そのために企業、住民は何をすべきか、北勢地域の三岐鉄道を題材に学びます。

先輩からのメッセージ

どんな人とも話せる“ 溶け込み力”を、学生時代に培っておこう。

念願の四日市市役所に入庁でき、現在は地域防犯活動の支援や各種講座の資料づくりなど、先輩のご指導のもと、課の仕事である地域づくりや人づくりへの取り組みを学んでいます。市役所の職員は、職場の先輩はもちろん、市民活動団体の方をはじめ、いろいろな立場の皆さんとの出会いがあります。出会いの瞬間にどんなコミュニケーションができるかが、その後の仕事に影響することも少なくありません。
その点、四日市大学での4 年間は、地域パトロール、B-1グランプリ、サンタ電車など、さまざまな活動を通して多くの人と出会い、密度の濃いコミュニケーションをしてきました。そこで得た“溶け込み力”は、決して一朝一夕で得られるものではありません。公務員を目指す皆さんには、試験合格という目の前のハードルを越えることも大切ですが、学生生活を通して培うべき大切なものがあることも忘れないでほしいと思います。

室田 直哉 さん(2016年 総合政策学部卒業)
四日市市役所
[県庁所在地の津市を上回る、三重県内最大の人口約31万人を擁する「四日市市」の行政事務を取り扱う。]
サンプル画像