社会人入試

社会人だからこそ 学べることがある!

 今、団塊の世代と呼ばれる多くの人々が「きちんと学びなおして自分を高めたい」、主婦の方々も「仕事や子育ても一段落し、新しいことにチャレンジしたい」と高い志を抱いています。そうした背景を受け、社会人に対して高等教育機関の開放と、学習機会の拡充のために設けられた入試制度が「社会人入試」です。四日市大学では、平成11年度から社会人入試を実施。学ぶ意欲の高い社会人を広く募集し、地域の活性化を先導することを目指してきました。これまでに学ばれた社会人学生は約50名にのぼり、その積極的な姿勢は、一般学生や教員に対しても良い刺激となっております。大学はたくさんの発見と目標が見つかる場所。大学は難しいところでもハードルの高いところでもありません。学びたいけど何から始めればいいのかわからないという方にとっても、大学にはいろんなチャンスがあり、学ぶ目的や目標を見つけられる場所と言えます。とにかく迷ったら気軽に大学の門をくぐってください。若者からたくさんのエネルギーをもらって、いきいきと学ばれている社会人の仲間が、すでに大勢いらっしゃいます。

よくある質問

Q1.仕事や家庭と両立できるか不安です。

どうしても授業を受けられない理由がある場合は、通学できる状況になるまで休学する方法もあります。家族や周りの皆さんに応援してもらえる環境を作っていくことが大切です。

Q2.英語やパソコンが不安なのですが?

授業時にパソコンや英語をサポートする体制を整えているほか、大学内に「サポートラウンジ」を設け、学生の疑問を解消する体制を常時整えています。

Q3.卒業後はどうされていますか?

大学院へ進学したりNPO活動に参加したり、様々な場所で活躍されています。卒業後も四日市大学と関わり、大学からの要請で授業評価をされている方もいらっしゃいます。

長期履修学生について

社会人学生として総合政策学部に入学される場合、在学期間を5~8年間(通常は4年間)に延長することができる「長期履修学生」制度の利用が可能です。学費については、通常の4年間在学の場合とほとんど変わりありません。

入試日程

日程学部出願期間試験日合否通知日手続締切日
随時
環境情報学部
9月18日(火)~3月22日(金)
本学指定日
最終3月25日(月)
試験日より1週間以内
本学指定日
総合政策学部

出願資格

2019年4月1日の時点で、次の1~3すべてに該当する方。
 1. 最終学歴が高等学校卒業以上の者または文部科学大臣の定める大学入学資格を有する方。(見込みを含む)
 2. 満23歳以上の方。
 3. 社会人経験を有する方。

選考方法

事前課題文(500字~600字)を出願時に提出し、試験当日はその事前課題文をもとに面接を行い、判定する。

入学検定料について

35,000円

社会人入学者 授業料等ついて

社会人入学者は、入学金と4年間の授業料が半額に減免されます。
出願については、お気軽に四日市大学入試広報室までお問合せください。
TEL 059-365-6711