3月2日(金) 第3日目

今日は、お世話になったパーッキヤ村の皆さんとお別れしたのち、ホイチョンプー村に向かいました。暁の家は、この村の村長さんやサッカー選手の若者たちと一緒に森を守る「水源の森プロジェクト」を始めています。森にコーヒーやお茶の木の苗を育てて森に植え、森の環境、水源を守る活動に取り組んでいます。
午後は暁の家に戻り、中野穂積さんのタイにおける30年の活動の話を写真の記録を見ながらうかがいました。タイを知ったきっかけ、山地民との出会い、生徒寮の立ち上げ、コーヒープロジェクトなどについて、話していただきました。実際に山の暮らしを体験し、コーヒー畑を見学した後だったため、学生からは多くの質問がでました。
夕食後は当初予定を変更して、交流会。暁の家が支援している奨学生(大学生5人、高校生1人)、暁の家の研修生とともにゲームを楽しみました。本学の学生は、皆さんに鶴の折り方を教えてあげたり、日本の歌「ふるさと」を皆さんと一緒に歌ったり、日本のお菓子を紹介しました。一緒に過ごす楽しい時間はあっという間に過ぎました。

本日の予定
ホイチョンプー村へ移動
水源の森プロジェクトと村の取り組みについて学ぶ
「暁の家」中野穂積氏の30年にわたる活動のお話を伺う
「暁の家」の皆さんと交流会

交流会の様子

  • サンプル画像1
  • サンプル画像3
  • サンプル画像4
  • サンプル画像2歓迎の証その1
  • サンプル画像5歓迎の証その2
  • サンプル画像6歓迎の証その3
  • サンプル画像7折り鶴を作りましょう
  • サンプル画像8ここの折り方が難しい
  • サンプル画像9月が美しい。

ホイチョンプー村の水源の森プロジェクト)

サンプル画像1

植えられる苗です

サンプル画像3