見出し

オープンキャンパス2018

サンプル画像
新3、2年生のためのオープンキャンパス 
2018年3月24日(土) 「友達より、少し早い、大学生体験」
「大学って、どんなことを勉強するんだろう」「どんな先生がいるのかな」などといった疑問にお答えできるのが、模擬講義です!政策・経営・自然環境・情報・メディアの5つのミニ講義を存分に体験してください!
大学・学部説明、摸擬講義、相談コーナー
摸擬講義の内容
タイトル内容担当
社会の役に立つ仕事とは世の中には、たくさんの「儲かる経営者」がいる。会社の利益が1兆円、創業者の年収が数十億円、資産が数千億円という企業が日本には存在する。君は、儲かる経営者の素質があるか、それともビジネスで失敗する危険があるか、経営ゲームで試してみよう。総合政策学部 教授
鬼頭 浩文
ロボットで実現する"おもてなし日本のサービス業の”おもてなし”は、世界から高く評価されています。近年、外国人観光客などに対応するために、新たにさまざまな工夫が模索されています。その一つが、おもてなしロボットによる接客です。この授業では、大学で使用する予定のおもてなしロボットを体験し、おもてなし経営として何を学ぶかを理解していただくことを目指します。
総合政策学部 准教授
岡 良浩
学内タンポポ調査:本物を見つけよう! 四日市大学にはたくさんのタンポポが生えていますが、実はセイヨウタンポポと在来のタンポポとの雑種がほとんどです。
 タンポポを外見で見分ける方法を学び、実際にフィールドワークを体験し、雑種以外の在来のタンポポを探してみましょう。 
 また、採取したタンポポを顕微鏡で観察し、外見以外の見分け方、確認の仕方があることも学びましょう。
環境情報学部 准教授
牧田 直子
YouTubeのような動画配信をやってみようオープンキャンパス当日の映像を素材に、動画像編集をします。動画像編集が未経験の方を前提にして、解説、実習します。出来上がった動画像は、サーバーに登録して、ネットワーク経由で閲覧できるか試してみます。環境情報学部 教授
井岡 幹博
VR:バーチャルリアリティ最近話題のバーチャルリアリティ(仮想現実)とはどんなものなのでしょう。私たちの視覚も聴覚ももともと3次元の空間把握を行う力をもっています。点から線、面と表現力を拡げてきたメディアの発展が導く空間に没入する臨場感を、VR体験を交えて解説します。
環境情報学部 教授
前川 督雄