見出し

環境情報学部 メディア情報分野の学び

サンプル画像
音響や映像、照明、電子出版、メディアデザインに関するあらゆる知識・技術を修得します。これらの技術を使って、自分の感性、考えをメディアという媒体で表現します。
私たちが日常使っているスマホやパソコンは、すべてプログラムで動いています。コンピュータの普遍的な仕組みや基礎的な知識を重視する一方で、スマホやパソコン上で動くゲームプログラミングやビジュアルでインタラクティブなホームページを作成します。

■学ぶことのできる学問分野

メディア、映像、音楽、舞台、コミュニケーション論、マスコミ論、音響学、美術・デザイン
文化人類学、芸術学、民俗学

見出し

目指す資格

■基本情報技術者[国]
■映像音響処理技術者
■カラーコーディネーター検定®
■マルチメディア検定
■マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
■ITパスポート試験®[国]
■TOEIC®
■TOEFL®   他

将来の進路

■プログラマー、システムエンジニア
■情報システム、ネットワークに関する企業
■一般企業および国や地方自治体の情報システムに関わる部門
■サウンドクリエイター・音響エンジニア
■映像ディレクター
■グラフィックデザイナー
■ビジュアルコーディネーター
■舞台制作
■イベント制作
■広告代理店
■Webデザイナー・CGデザイナー
■放送・通信に関わる企業の企画制作部門
■大学院進学  など

研究のエキスパートを目指す方に!

大学院進学プログラム

サンプル画像
環境情報学部では、研究職として大学の研究室や企業の研究部門での活躍を目指す人のために、「大学院進学」をサポートしています。大学院の入試に向けた研究分野の専門科目については、ゼミの教員が個別指導を中心にバックアップ。大学院進学に必要な英語の基礎・応用力は、「スキル科目」の「英語力養成ユニット」で身に付けるとともに、海外の最新学術論文を原文で読みこなすなどのトレーニングを通して、大学院進学に必要な力を養成します。

 主な進学先大学院一覧 (順不同)
■京都大学大学院 ■名古屋大学大学院
■三重大学大学院 ■岐阜大学大学院
■茨城大学大学院 ■信州大学大学院
■岡山大学大学院 ■九州大学大学院
■名古屋工業大学大学院
■北陸先端科学技術大学院大学 
■滋賀県立大学大学院 ■名城大学大学院
■クイーンズランド大学大学院(オーストラリア) など

※これらのプログラムは正規の講義なので、受講料などは必要ありません。

アドミッションポリシー

◎自然と社会の環境に関する事柄を総合的に学び、地球規模の問題や地域社会に関わる環境問題解決に取り組みたいひと。 
◎高度情報化社会で活躍するために、情報処理技術の修得を目指すひと。 
◎メディアツール、スタジオ技術、映像作品の制作技術を学び、創造力を発揮しながら自己表現したいひと。 
◎日本文化を含む異文化に関心があり、異文化理解とコミュニケーション能力を深めたいひと。